マガジンのカバー画像

PR Compass

56
「伝えること」を日々探求する人のためのメディアです。社会との新しいコミュニケーションのあり方を紐解くことで、未来という予測不可能な大海原を進むPRパーソンにとっての羅針盤となるこ… もっと読む
運営しているクリエイター

記事一覧

Figmaコミュニティの熱気とリアルイベントの魅力:Tokyo Config W…

こんにちは、あるいはこんばんは。Story Design houseの鈴木です。 5月11日に、品川・天王洲…

PR COMPASS
2か月前

広報は複雑で結果が見えづらい:広報にとって成功とはなにか(前編)

「広報の成功」ってなんだろう今では「広報の人」として活動している私ですが、広報の仕事に携…

PR COMPASS
3か月前

ゼロから始める広報PR、最初に必要な2つの「理解」とは?

Webや書店を探すと、広報の成功事例はいくつも見つかります。しかし、「いつ、何をすれば取材…

PR COMPASS
3か月前

クルエルティフリーコスメから考える「決断」のブランディング──動物実験廃止を決め…

こんにちは、Story Design houseインターンの伊豆田です。街ですれ違った人が、大きく「NO! 動…

PR COMPASS
3か月前

喜ぶのはまだ早い、広報担当が取材でやるべき4つの準備

「取材を受けて、できあがった記事を見てみると、一番伝えたかったことがきちんと書かれていな…

PR COMPASS
5か月前

「かっこいい動画」に満足していませんか?クライアントを“選ばれる企業”にするクリ…

Story Design house の目指すクリエイティブのあり方 横山「世の中は大きく変化しています。…

PR COMPASS
5か月前

PRってなんだろう、年度末に考えたい広報の本質

多くの会社が年度末を迎えるこの時期、広報担当者は4月から始まる新年度に向けて戦略をつくっているのではないでしょうか。手を動かして施策を実行するというより、これまでの活動を振り返ってまとめたり、次の計画を練ったり、机に向かう時間が増えているところだと思います。 そんなタイミングですから、今回は現場ですぐに使えるTipsから少し離れて、広報という仕事の目的や本質について考えてみたいと思います。 なぜ広報活動をするのかそもそも、なぜ企業は広報に取り組む必要があるのでしょうか。「

スキ
22

Z世代がインフルエンサーに求めるもの──美容・ダイエット系アカウントから

Z世代とインフルエンサーまずは現在のソーシャルメディアの利用状況を確認してみよう。UNIAD.c…

PR COMPASS
6か月前

社会とのズレに気付けるか? 価値観をアップデートする“リサーチ”の考え方

連載第3回では、PRパーソンに求められる「切り口」について考えました。そこでは、よい広報の…

PR COMPASS
6か月前

ジョブズを目指さなくても、自分の言葉で伝えればいい。大切なプレゼンを成功させる極…

プレゼンテーションは、たくさんの人にメッセージを伝えたいときに威力を発揮するパワフルな手…

PR COMPASS
8か月前

広報は永遠の「第三者」? その難しさと強さを考える

PR会社に所属し、さまざまなクライアント企業の広報を外部からサポートするなかで、よく「やり…

PR COMPASS
8か月前

広報の「切り口」って何? 「変化のとらえ方」がカギ

「広報の仕事をするなら、トレンドに敏感でないと!」と言われることがよくあります。この場合…

PR COMPASS
9か月前

学生の「広めたい!」に効く、PR・広報の考え方を知る6冊

こんにちは、Story Design houseインターンの鈴木です。 みなさんは社会に大きな影響を与える…

PR COMPASS
9か月前

広報プロジェクトを進めるのは誰か? メンバーの選び方と役割分担を考える

連載「広報の現場から」 PR会社にいると「広報部を立ち上げたい」「広報人材を育ててほしい」という相談をいただくことがあります。外部のPR企業と契約するまでではないものの、広報部門の必要性を感じて社内で人材を育てたいと考える企業も少なくありません。それでは、どういう人が広報に向いているのでしょうか。本連載では、広報を必要とする企業や、これから広報の仕事をしてみたい人に向けて、広報現場で求められるスキルをStory Design houseの森が探っていきます。これまでの連載記事

スキ
12